看護師

医療事務・受付事務に必要なスキルは?

ナースステーション

医療事務・受付事務として働く場合、医療事務の資格は必要ありません。しかし、医療事務に関してはレセプト業務が主となるため、医療制度などに関する知識やカルテや処方箋などの読解力・知識が必要です。
レセプト業務とは、診療報酬請求業務のことを指し、医療費を「診療報酬点数表」に則って算定し、算定後に被保険者が加入している健康保険組合などに請求するレセプト(保険者への請求を記載した明細書)を実際に行うのがレセプト業務になります。「診療報酬点数表」とは、診療内容の難易度ごとに報酬が点数化されており、表にまとめたものになります。これには3種類あり、働く医療事務のタイプによって異なっています。
このレセプト時に、カルテや処方箋を扱うために専門知識が必要です。電子カルテならば読み取りやすいですが、クリニックや個人医院の場合には、紙カルテに医師の手書きで記入されており、ある程度専門的知識がないと読み取ることがなかなかできません。また、他にも法に定められた様々な医療保険制度に関する決まり事もあるので、幅広い知識が求められ、毎年改正される医療制度についても学んでいくことになります。
業務に関しては、多様な事務をこなさなければならず、例えば、初診時の診察券やカルテの作成も業務になり、クリニックや個人医院など小規模の施設の場合には、受付業務も兼任になることもあります。受付業務を行う際は、高いコミュニケーションスキルと接客マナーが必要となります。受付は患者さんの来院時と会計時に接するため、患者さんの印象に残りやすく、受付でのイメージが病院の評判に直結してしまうこともあります。特にクリニックではスタッフの人数が少なく、患者さんもスタッフもお互いに顔見知りになるため、医院の顔になりやすく、礼儀正しい態度で様々な年代の患者さんに笑顔で迅速かつ丁寧に対応していかなければなりません。